当サイトの情報だけではなく、いろんなところから土地活用に関する情報を自分の中で上手く纏めることが出来れば土地活用での失敗の可能性を低くすることができます。

土地活用でも遺産相続でも活用できる方法としても、等価交換を利用しよう

土地をいかに有効に使うかも、土地を持っている人にとっては大切な課題です。都心部だと土地をうまくつかえば、お金になりますし、本業でも副業でも使えます。しかし、地方や田舎にいくと、土地があっても使われていないなんてことも珍しくはありません。

■土地活用ならば、等価交換を利用してみよう
土地を活用するには、初期費用がかなりかかります。なかなか全額を自腹で出せる人はいませんから、結局は金融機関からの借り入れとなります。しかし、そもそも借りられるかどうかも大変ですし、また返すのも大変です。家賃収入や駐車場収入を当てにしても、不透明でリスクも高いです。

そんなときには等価交換を利用してみましょう。等価交換とは、土地の持ち主は土地を提供します。提供された土地を不動産会社などが開発し、マンションやアパートを建設します。そして、そのマンションやアパートに持ち主は住みます。もちろん、部屋などはあまるので、その分は不動産会社のものとして、入居希望者を募集し、貸し出しをするのです。

この等価交換を使えば、土地を遊ばすことはなくなります。アパートやマンションなどになるので有効に使うことができます。また土地を親などから、遺産として譲り受けた兄弟なども、土地をそのまま、人数分に分けるのも厳しいです。そこで等価交換をして、アパートやマンションにしてしまえば、その部屋数を均等にわけて、部屋を貸し出してその収入を得るということもできます。

これならば、平等に遺産として分けられますし、そのあとも有効に収入源として、使うことになります。

■最後に
土地の所有権は不動産会社と共同になるか手放しますが、遊ばしているだけ、使わないのであれば、思いきって使った方がよいかと思われます。

土地活用でも遺産相続でも活用できる方法としても、等価交換を利用しよう

◆土地活用は初期費用がいろいろかかることを知っていますか
土地活用という言葉もネットでもよく見かけます。昔と違って家を建てるだけでなく、いろいろな方法で土地を活用することが今ではできます。とはいっても、土地活用と聞くとアパート経営、マンション経営、駐車場経営をなとが頭に浮かびませんか。

引用文:土地活用 相談 http://www.kenyonpowerboats.com/

■土地活用をするにはお金がかかるのか
土地活用をするには、やはり初期費用がかかることがおおいです。アパート経営やマンション経営には、初期費用がかなりかかります。立地条件を考え、さらに事業計画を作り、銀行などの金融機関から借り入れをします。実際にアパート経営がはじまれば、家賃収入から返済もして、残りは自分の収入となります。完済まで10~15年くらいかかるとも言われています。

この間、入居者で部屋が埋まればいいのですが、なかなか埋まらなければ厳しい状況となります。また、アパート経営やマンション経営よりもお金はかからないと言われているのが、駐車場経営です。駐車場経営だと更地でも可能です。その場合には費用はあまりかからないでしょう。

しかし、商業施設やビジネス街では、更地では集客できません。コインパーキングなどが有効ですがやはり、そのためにはいろいろな機械や看板の設置が必要となり、そのために初期費用がかかるのです。こうしてみると、ほとんどの土地活用では、初期費用はかかるものです。

そのために土地活用に踏み切れない人もいるのです。やはり不安や、リスクも高いのも土地活用にはあるのです。そんなときに有効な方法が、等価交換なのです。

■最後に
等価交換も多くの人が利用しており、さらに遺産の分割にも有効に分けられるとして、遺産相続の方法としても使われることも多いです。等価交換についてもまずは、知ることから始めていきましょう。

最新記事

土地活用をしたいあなたへ、もしも等価交換を提案されたら受けてみよう

土地活用をしたくても、なかなかどうしたらいいかわからないなんてことも多いでしょう。


Copyright© 2016年8月9日 活用方法を間違えなければメリットが感じられる土地活用情報のまとめ
http://www.greenhygienics.com All Rights Reserved.