閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 土地活用をしたいあなたへ、もしも等価交換を提案されたら受けてみよう
    2. 土地活用には、デメリットがある。それは等価交換にもあるのです。
    3. 土地活用で等価交換を聞くが、どんな土地が向いているのか知りたい
    4. 土地活用で、等価交換マンションを建てて経営をしてみよう
    閉じる

    活用方法を間違えなければメリットが感じられる土地活用情報のまとめ

    当サイトの情報だけではなく、いろんなところから土地活用に関する情報を自分の中で上手く纏めることが出来れば土地活用での失敗の可能性を低くすることができます。

    土地活用でも遺産相続でも活用できる方法としても、等価交換を利用しよう

    土地をいかに有効に使うかも、土地を持っている人にとっては大切な課題です。都心部だと土地をうまくつかえば、お金になりますし、本業でも副業でも使えます。しかし、地方や田舎にいくと、土地があっても使われていないなんてことも珍しくはありません。

    土地活用ならば、等価交換を利用してみよう

    土地を活用するには、初期費用がかなりかかります。なかなか全額を自腹で出せる人はいませんから、結局は金融機関からの借り入れとなります。しかし、そもそも借りられるかどうかも大変ですし、また返すのも大変です。家賃収入や駐車場収入を当てにしても、不透明でリスクも高いです。

    そんなときには等価交換を利用してみましょう。等価交換とは、土地の持ち主は土地を提供します。提供された土地を不動産会社などが開発し、マンションやアパートを建設します。そして、そのマンションやアパートに持ち主は住みます。もちろん、部屋などはあまるので、その分は不動産会社のものとして、入居希望者を募集し、貸し出しをするのです。

    この等価交換を使えば、土地を遊ばすことはなくなります。アパートやマンションなどになるので有効に使うことができます。また土地を親などから、遺産として譲り受けた兄弟なども、土地をそのまま、人数分に分けるのも厳しいです。そこで等価交換をして、アパートやマンションにしてしまえば、その部屋数を均等にわけて、部屋を貸し出してその収入を得るということもできます。

    これならば、平等に遺産として分けられますし、そのあとも有効に収入源として、使うことになります。

    ■最後に
    土地の所有権は不動産会社と共同になるか手放しますが、遊ばしているだけ、使わないのであれば、思いきって使った方がよいかと思われます。

    土地活用でも遺産相続でも活用できる方法としても、等価交換を利用しよう

    土地活用は初期費用がいろいろかかることを知っていますか

    土地活用という言葉もネットでもよく見かけます。昔と違って家を建てるだけでなく、いろいろな方法で土地を活用することが今ではできます。とはいっても、土地活用と聞くとアパート経営、マンション経営、駐車場経営をなとが頭に浮かびませんか。

    土地活用をするにはお金がかかるのか

    土地活用をするには、やはり初期費用がかかることがおおいです。アパート経営やマンション経営には、初期費用がかなりかかります。立地条件を考え、さらに事業計画を作り、銀行などの金融機関から借り入れをします。実際にアパート経営がはじまれば、家賃収入から返済もして、残りは自分の収入となります。完済まで10~15年くらいかかるとも言われています。

    土地活用は初期費用がいろいろかかることを知っていますか

    この間、入居者で部屋が埋まればいいのですが、なかなか埋まらなければ厳しい状況となります。また、アパート経営やマンション経営よりもお金はかからないと言われているのが、駐車場経営です。駐車場経営だと更地でも可能です。その場合には費用はあまりかからないでしょう。

    しかし、商業施設やビジネス街では、更地では集客できません。コインパーキングなどが有効ですがやはり、そのためにはいろいろな機械や看板の設置が必要となり、そのために初期費用がかかるのです。こうしてみると、ほとんどの土地活用では、初期費用はかかるものです。

    そのために土地活用に踏み切れない人もいるのです。やはり不安や、リスクも高いのも土地活用にはあるのです。そんなときに有効な方法が、等価交換なのです。

    ■最後に
    等価交換も多くの人が利用しており、さらに遺産の分割にも有効に分けられるとして、遺産相続の方法としても使われることも多いです。等価交換についてもまずは、知ることから始めていきましょう。

    自宅を兼ねたアパート経営が個人で行う土地活用の基本です

    空いている土地をどのように使うべきか。遊ばせておいても毎年固定資産税がかかります。ならばせめてその分でも、お金を稼いでみませんか。例えば個人で土地活用をするなら、アパート経営が基本です。

    土地活用では立地条件が大切です

    土地活用と言えばアパート経営ではありますが、誰でもどこでもアパートを作ればよいというものではありません。大切なのは立地です。最も有望なのは大学が近くにあることです。もしくは大学生が集まりやすい地域。この場合には部屋が空いてしまう可能性が低いですね。

    今まで住んでいた人が後輩を紹介してくれたりします。社会人になってからも住み続ける人もいます。もちろん欠かせない条件は交通の便がよいことです。最近の若い人は歩きません。最低でも徒歩10分圏内にバス亭があること。コンビニも欲しいところです。

    ■土地活用では近所付き合いも重要です

    アパート経営で失敗するパターンは、空き部屋を作ってしまうことです。半年以上空いてしまうと、変な噂が立ち、新しい人が入りにくい傾向があります。そういう意味では不動産屋さんと懇意にしておきましょう。もちろん近所づきあいも重要です。

    自宅を兼ねたアパート経営が個人で行う土地活用の基本です

    そのため近隣住民とも仲良くしておきましょう。入居者が直ぐに退去すると思ったら、地域から嫌がらせを受けていたケースが少なくないようです。住宅地のアパートは意外と嫌われがちです。

    土地活用では一室を自宅にしましょう

    アパートを管理するのも大変です。ならばアパートの一室に大家さんが住んでしまう方法もあります。管理人として宅配便を預かったり周辺の掃除、ゴミ出しを手伝ってあげると重宝されますよ。高齢者が戸建てに一人で済むと無駄が多いものです。ならば自宅を兼ねたアパートにしましょう。

    寂しさもなく、万が一の際にも助けてくれるかもしれません。安心感があれば長生きできるものです。

    土地活用では空き部屋対策を企てましょう

    土地活用の基本はアパート経営ですが、空き部屋を出さない対策を事前に企てておきましょう。また近隣トラブルを起こさないことも、失敗しないコツです。

    ピックアップ記事

    1. 土地活用をしたくても、なかなかどうしたらいいかわからないなんてことも多いでしょう。また全く土地活用を…
    2. 土地活用を考えた場合、成功するためにはどうしたらいいのか考えるのが普通です。アパート経営やマンション…
    3. 等価交換も、土地を持っている人や土地活用をしたことのある人には決して聞きなれない言葉ではないはずです…
    4. 等価交換、あなたは聞いたことがありますか。土地活用の効果的な方法としても、多くの人や不動産業者が行っ…
    ページ上部へ戻る