閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 土地活用をしたいあなたへ、もしも等価交換を提案されたら受けてみよう
    2. 土地活用には、デメリットがある。それは等価交換にもあるのです。
    3. 土地活用で等価交換を聞くが、どんな土地が向いているのか知りたい
    4. 土地活用で、等価交換マンションを建てて経営をしてみよう
    閉じる

    活用方法を間違えなければメリットが感じられる土地活用情報のまとめ

    土地活用で、等価交換マンションを建てて経営をしてみよう

    等価交換、あなたは聞いたことがありますか。土地活用の効果的な方法としても、多くの人や不動産業者が行っています。それもやはりメリットがいろいろとあるからでしょう。そんな中、等価交換マンションは、どのようになるのかみていきましょう。

    ■等価交換を建てて、経営をしてみよう
    普通、マンションを建てようとすると高額のお金がかかります。そんなマンションも自己資本や融資がやはりネックです。もしも、そんなマンションを無料で建てられるとしたら有効な土地活用になると思いませんか。その土地活用が、等価交換マンションです。

    これは、不動産業者が建設の費用を持つので、地主は土地を提供するだけです。マンションを建てたことにより、土地の評価は変わります。まず、相続評価額が下がることになります。また、土地の名目も貸家建付地と変わります。これは土地に賃貸物件の建物ができて、他人に貸していることになります。

    すると土地の評価は下がり、その分課税額もさがります。先に書いた相続の評価も下がると言う意味なので、相続税も安くなります。節税対策となるのです。相続に関する部分で言えば、土地の場合、更地の場合だと相続人で平等に分けることは難しくまた、分けても隣接しあっていて利用しにくかったりします。

    そんなときに、等価交換マンションを建てて、そのうちの部屋数を平等に分けると言う手もあります。あとはその部屋を自分で使ったり、貸すなどして利益をあげるのもいいのです。なお、等価交換マンションは、不動産業者と土地の持ち主の両方での経営となります。

    その場合には、所有権も割合があって、土地の持ち主が8割を持ち、残り2割を不動産業者が持つとも言われています。

    ■最後に
    等価交換マンションもその建設もあちこちで進んでいます。もちろん、土地の立地条件にも左右されます。しかし、マンションをたてられる場合には、等価交換マンションも建てて経営をしてみるのもいいでしょう。

    関連記事

    1. 土地活用には、デメリットがある。それは等価交換にもあるのです。

    2. 土地活用で等価交換を聞くが、どんな土地が向いているのか知りたい

    3. 土地活用をしたいあなたへ、もしも等価交換を提案されたら受けてみよ…

    ピックアップ記事

    1. 土地活用をしたくても、なかなかどうしたらいいかわからないなんてことも多いでしょう。また全く土地活用を…
    2. 土地活用を考えた場合、成功するためにはどうしたらいいのか考えるのが普通です。アパート経営やマンション…
    3. 等価交換も、土地を持っている人や土地活用をしたことのある人には決して聞きなれない言葉ではないはずです…
    4. 等価交換、あなたは聞いたことがありますか。土地活用の効果的な方法としても、多くの人や不動産業者が行っ…
    ページ上部へ戻る